作業の具体的な流れ・様子

HOME > WORKING

通常作業の流れ・様子
(発達障がいコースは作業内容が異なります)

①作業を開始する前に、物を分類するために利用するブルーシートを広げるための空間を作ります。
※足の踏み場の無い状態の家は、まずこの空間作りに時間がかかる場合がございます。


 

②ブルーシートを敷いたら、種類ごとに物を分類しながら置いていきます。

 

 

③種類ごとに置いたものを、1つずつ要不要の確認をします。

 

 

④次にこれらを使用頻度、動線、人別など、お客様の片付けやすさ、リバウンドしないかなどを考え、確認しながら収納場所を決めて、仮置きします。
 


 

⑤仮置きの状態でお客様に再確認し、場所を決定し、最後に綺麗にテプラでラベルをして終了。

 

実際のビフォーアフターは実例集をご覧ください